教員が年度途中に転職する場合の流れ

教員 転職 年度途中

こんにちは。ユウです。私は教員→民間、民間→教員など、数々の転職経験があります。教員の転職をテーマにブログを執筆しているので、よろしければご覧ください。

今回は、年度途中の教員の転職は可能なのか、どのような手続きを踏めばいいのかを解説していきます。

目次

年度途中の転職は可能なのか

結論から言えば、可能です。

どうしても教員は4月にその学年が始まり、3月に区切りがつくので、年度内に退職できないと思われがちですが、そんなことはありません。

私も実際に年度途中に教員を退職したことがあります。退職する2ヶ月前に管理職に伝え、病気ではなかったので、病休などはとらず余っている年休を消化しました。

教員が年度途中に退職することへの影響

教員が年度途中に退職する人が少ないのは、いろいろな方面へ与える影響が大きいからです。ここでは、私が実際に退職したときにどのような影響があったのかを記述します。

児童・生徒への影響

子供たちへの影響は、先生がいなくなることによる喪失感を与えてしまうことです。

子供たちは学年が始まるときには、この先生が一年間教えてくれるという安心感を持っていますので、それが失われたときの子供の影響は多大です。

退職する側も、教員として子供の心身の安定に気をつけなければならないのに、それを自らの退職という形で裏切ってしまったことへの罪悪感があります。

新しい教員がその後教えることになりますが、当然、教え方も違うので、最初はその違いにも子供たちは戸惑うことでしょう。

同時に、保護者からも落胆の声があがります。

同僚への影響

職場の同僚へも影響が出ます。自分の仕事を誰かに振り分けなければならないので、単純に他の同僚の仕事量が増えます。

年度末の場合は異動の時期と重なるので影響は少ないですが、年度途中による退職はほかの同僚へ影響は心身ともに大きいです。

管理職も新たに教員を配置しなければならなくなるので、年度途中に退職するのであれば早めに伝えておきましょう。

同僚たちにはあまり歓迎されないということは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

自分への影響

手続きは、年度末に退職するとき変わりません。しかし、事務職員も年度途中に退職する例が少ないので、こちらから要望しないと出してくれない書類もありました。

また、事務職員の繁忙期だと、事務もやらなければならないことがあるため、退職の手続きがゆっくり進みます。定期的に退職に関する書類の進捗状況を確認するようにしましょう。

ただ、書類の受け渡しが遅くても、希望日に退職することは可能ですので、毅然と進めていきましょう。

どのように行うのか

年度末の退職は、秋以降に申し出る教員がほとんどですが、年度途中の退職では、退職日は自分で決めることができます。退職する1~2ヶ月前には管理職に伝えるようにしましょう。

管理職も教育委員会との調整がありますし、今あなたが受け持っている仕事を振り分ける必要がありますので、早いに越したことはありません。

もちろん、突然退職しても問題ありませんが、後述するように年休をしっかり消化してからにしましょう。

うつ病などの精神疾患の場合は、まずは病気休暇を取得するほうが望ましいです。退職するのはその後でも構いません。

余っている年休を有効に活用しましょう

年休はしっかり消化しましょう。

「どうせもう退職するのだし、使わなくてもいいや」などと思わずにどんどん使って構いません。今まであなたが働いてきて得た権利です。無くなってしまってはもったいない。

周りに遠慮するかもしれませんが、そこは割り切って権利を行使しましょう。今まで学校に尽くしてきたのです。そこは堂々としてていいと思いますよ。

できれば、退職日を月末にしておいてもらって、その前1~2週間に年休をまとめて取得するなどしたらスムーズかもしれませんね。

終わりに

教員でも、年度途中に退職することは可能です。ですが、生徒や他の同僚への影響を考えるとあまりおすすめはしません。

とは言うものの、私は実際転職しましたし、自分を守るため決断でしたので、転職しました。

私個人としては、年度途中に転職することを後押ししますが、じっくり考えてみてくださいね。

ところで、まだ退職を迷っている段階でも、転職サイトはいくつか登録しておくようにしましょう。登録は簡単にできますし、登録したからすぐ転職というわけではありません。

転職サイトによって、得られる情報が違いますし、実際に私も登録後のオファーや情報をたくさん仕入れてから転職を決めました。転職活動を進める自信につながりますよ。

再度の掲載になりますが、当サイトでは、教員からの転職のためにマイナビエージェントへの登録、いい就職ドットコムへの登録をおすすめしています。また、あなたが運動系の部活動をされてきた教員の方であれば、アスリートエージェントが良いと思います。「登録=転職」ではありません。私は情報を得るために様々な転職サイトに登録しました。

転職する気が無い方でも、ミイダスはおすすめです。経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することができます。こちらも無料で登録できます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる